■プロフィール

心の旅・kido

Author:心の旅・kido
兵庫県宝塚市を拠点としてリフォーム・注文住宅・分譲住宅を手がける㈱アドバンスの社員ブログです。
社内きっての叙情派・笹野高史似の(似てるって言われるンですけど・・・・ね) 私が、日常の季節を感じるブログをつづります。
 少し疲れたときに、このブログで「ほっ」と一息してくれればうれしいです。
  こんなおじさんですが・・・・ゆっくりしていってくださいね。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アドバンスのスタッフBlog

rogo200.40 (10) ↑アドバンスのホームページ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
姫路城(白鷺城)
姫路城(白鷺城)の大天守 平成の大改修です。

・・・と、いうことで今こんな感じで見学るするこができます。

himeji10.jpg 

一見の価値大いにありです。

himeji11.jpg 


下から見上げる天守閣が当たり前ですが、なぁ~んと上から

見下ろすことが出来るのはめずらしい!!

今のうちに見学しておいて 損はナシです




養生もナイスアイデアですね

himeji8.jpg 

himeji13.jpg 

himeji6.jpg 


 内部も見れます

himeji3.jpg 

himeji1.jpg himeji2.jpg



秋の行楽の行先リストに入れてみてはどうでしょうか。














スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

旅先の四季 | 11:58:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋の唐招提寺
秋の唐招提寺(とうしょうだいじ)にいってきました。

唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院です。

南都六宗の1つである律宗の総本山で、本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真だそうです。

また、中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を初め、多くの文化財を有しています。

唐招提寺は1998年に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されているすごいお寺です。

しかし1995年阪神淡路地方を襲った大地震が金堂の基壇をも揺るがし、調査の結果直ちに修理の必要性が明らかになったため、2000年より10年間に及ぶ金堂平成大修理事業が始められました。

では、ざっと写真でご紹介

tousyou1.jpg 

tousyou3.jpg 

tousyou4.jpg 

tousyou5.jpg 

tousyou6.jpg 

tousyou7.jpg 

tousyou8.jpg

続きを読む >>

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

旅先の四季 | 14:16:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
足立美術館 3

足立美術館に行ってきました のつづきです。

足立美術館 1    足立美術館 2



■■■ 中庭 ■■■

303.jpg 

304.jpg 

305.jpg 



■■■ 生の掛け軸 ■■■


人がいてるのがおしぃ・・・・・
306.jpg 

307.jpg 


■■■ 白浜青松庭 ■■■

308.jpg 



みなさまも 島根県に行かれる際は足立美術館に立ち寄ってみては



テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

旅先の四季 | 11:32:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
足立美術館にて 2
足立美術館 1  のつづき


ここからは足立美術館 庭園の写真をご紹介

292.jpg 

293.jpg 

294.jpg 




■■■苔庭■■■
295.jpg 

296.jpg 

297.jpg 


■■■亀鶴の滝■■■
 299.jpg


■■■中庭■■■
300.jpg 



■■■ 中庭 ■■■

どんなバランス?  どこでささえてんのぉ~~
301.jpg 302.jpg




今日はこれくらいで・・・・写真が多いのでまた後日 (足立美術館 3へ)








テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

旅先の四季 | 17:35:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
足立美術館にて 1
玉造温泉から少し足をのばし「足立美術館」へ行ってきました。

足立美術館は日本一人気のある庭として有名らしい。

たしかに美しく四季それぞれの時を見てみたい気持ちにもまりましたが、

20代の時より好きだった陶芸家の河井寛次郎の生まれ故郷(島根県安来市)という事で

個人展示室があるということで、どちらかというとこっちのほうが楽しみでした。
 
館内の陶芸館には河井寛次郎室と北大路魯山人室があります。

絵画室及び陶芸室は撮影禁止なので写真なしです

絵画室では横山大観の所蔵の多さにびっくりです。

館内を1周廻ってようやく寛次郎室につくとなつかしさにほっとしました。

昔、京都の五条にある「河井寛次郎記念館」には何度も通ったものですが、やはり尊敬する

人物の故郷に来るとワクワクするものですね

室内には手の彫刻があったのですが京都の河井寛次郎記念館では木彫りの手のだけっだたのに

こちらは銅製になっていたのでびっくりしました。

291.jpg 
下 左から3番目


昔、その手の彫刻の前で座り込んで見ていた時の若かりし頃を思い出します(笑)


美術館の庭園はとういうと、

さすがに庭の手入れが行き届き美しく枯山水の庭というより「生山水の庭」じゃないの???

と思うぐらい山を借景に雄大な風景が広がっています!!

■■■枯山水の庭 横から■■■
288.jpg 


■■■寿立庵 前庭■■■
289.jpg 

290.jpg 


づづきは後日   2へつづく











テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

旅先の四季 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。